INFORMATION

NEWS 【BANDで弾いてみた】「椎名林檎メドレー by 真空ホロウ」をYOUTUBEにUPしました!

2018/10/04

真空ホロウの 【BANDで弾いてみた】 椎名林檎メドレーです。

こちらよりご覧下さい↓

https://youtu.be/gIWfLKXXM2E


今回の弾いてみたより、メドレー企画を開始します。
初回は椎名林檎さんメドレー。
楽曲は、
「ギブス」
「長く短い祭」
「本能」
「幸福論」
「ここでキスして。」
の5曲。
まずこの楽曲たちをメドレーとして編曲する際に以下の項目を決め事として設けました。

・メドレー全体が同じBPMであること。
・メドレーを通して同じフレーズのリフレインを絶やさぬこと。
・メドレー内で起承転結の抑揚があり、さらにはまるで5曲が1曲であるかのように成立していること。
・現・真空ホロウの強みでもある女声コーラスとの掛け合いがあること。
・真空ホロウの楽曲として存在しても不自然ではないアレンジであること。

以上、5項目を取り入れた結果、 以下のようなアレンジが思い浮かびました。

・メドレー全体を真空ホロウのおおよそのベーシックなテンポであるBPM:132に設定。
・メドレーを通して印象的な「ギブス」のテーマフレーズをリフレイン。
・原曲を模したボーカルエフェクトや、コーラスの抜き差し、キメの位置やコードの変化で抑揚をつける。 ・キーチェンジ、テンポチェンジをすることで判明した「幸福論」と「ここでキスして。」のメロディの類似点を活かし、新たなコーラスワークとして採用。
・メンバーそれぞれの担当楽器のキラーフレーズや、声の特性を活かした真空ホロウならではのアレンジと演奏。

その結果、 今回の楽曲群、そして、見どころ満載の、 真空ホロウ感満載のアレンジとなりました。

今回からこういった形で、 女性ごころや、私たちの尊敬するアーティストの方々をメドレーでカバーしていこうと思っております。
まずはその中から、 「最初はやっぱりこの方!」だと全員一致で即決した、 メンバー全員が尊敬して止まない椎名林檎さんメドレーを、是非ご覧ください。