• 真空ホロウ TOUR 2015梅雨 ~回想列車で全国へ。嘘です本当は機材車です。~
  • 1st Full Album「真空ホロウ」2015.4.8(WED)Release!
  • 真空ホロウ
  • 真空ホロウ

NEW RELEASE

1st フルアルバム「真空ホロウ」

大切なお知らせ

いつも真空ホロウを応援してくださり、ありがとうございます。
この度、弊社所属バンド真空ホロウのメンバー村田智史(Ba.) ・大貫朋也(Dr.)は7月18日(土)の東京キネマ倶楽部ワンマン公演をもちまして脱退する事が決定した事をご報告致します。

現状予定されている
・8月20日(木) 真空パック vol.9 村田智史 生誕祭 〜村田 vs murata〜 x KINOTO 14 周年
 @渋谷club 乙-kinoto-
・8月28日(金) 真空パック vol.9 村田智史 生誕祭 〜智史 vs 左迅〜 x PHASE 14 周年
 @高田馬場 CLUB PHASE
に関しましては、中止となります。

・10月10日(土) DIVING ROCK2015 in KANAZAWA
に関しましては出演をキャンセルさせていただきます。

楽しみにされていた皆さまにはこのような形となり、誠に申し訳ございません。

・8月29日(土)・30日(日)(出演日未定)に予定されている
shima fes SETOUCHI 2015 〜百年つづく、海の上の音楽祭。〜
に関しましては、松本明人の弾き語りでの出演となります。

・7月26日(日) MURO FESTIVAL 2015
・8月1日(土) ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015
に関しては、松本明人がサポートメンバーを迎えての出演となります。

残り4本となりましたワンマン公演(7/3 福岡・7/5 大阪・7/10 名古屋・7/18 東京)は、現メンバーでの最後のパフォーマンスとなりますのでご来場される皆様は応援宜しくお願い致します。

今後、真空ホロウは、松本明人(Vo.Gt)のソロプロジェクトとしての活動となります。
最新情報に関しましては、引き続きオフィシャルホームページにて決定次第お知らせ致しますので、今後の真空ホロウの活動を末永く応援していただけるよう重ねてお願い申し上げます。

2015年7月1日 株式会社アワーソングス

--------------------------------------------------------------------

村田智史(Ba.)からのコメント
突然過ぎる御報告をお許し下さい。
そして決定していた素晴らしい企画の中止、イベント出演キャンセルした事により、
皆様にご迷惑おかけした事を深くお詫び申し上げます。
応援してくれている皆様、先輩や後輩、関係者の皆様のお蔭で楽しいバンド生活が送れました。
真空ホロウとして、7月18日のキネマ倶楽部まで最高のベース音を出します。
そして、これからの真空ホロウを宜しくお願い致します。


大貫朋也(Dr.)からのコメント
この度、私大貫と村田が真空ホロウを脱退する事になりました。
突然このような結果になってしまった事で、皆様には大変ご迷惑をお掛けしました事を
深くお詫び申し上げます。
今後は、ドラマーとして出来る事を最大限に生かして幅広く活動して行きます。
真空ホロウは最高のバンドだと思っていますし、その一員になれた事を誇りに思っております。
一人にさせてしまいましたが、どうか変わらず真空ホロウを、
松本明人を今後も応援宜しくお願い致します。


松本明人(Vo.Gt)からのコメント
真空ホロウに出逢ってくれたあなたへ
2006年12月31日、
僕は『真空ホロウ』という名前で活動をはじめました。
僕の当初の理想としていた『3人組のバンド』として活動をしていくにあたり、
メンバーも変わりに変わっていきました。
その中で、これだけの長い間、固定のメンバーで活動を続けてこれたことは、
僕の人生に於いて本当に自信にもなっていますし、これからの糧になっていきます。

2015年7月18日、
この日のワンマンを以って、
『3人組のバンド』としての活動を終えることになりました。
一人間同士として、沢山たくさん話し合って、
『お互いが後悔しない人生を歩んでいきたい。』
その想いを大切にしたときに今回の決断をしました。
この判断によって、
たくさんの方々にご迷惑をお掛けしたり、不安感や、不信感を抱かせてしまったことは、
大変申し訳なく思っています。
ごめんなさい。
でも、今回の決断を受け止め、受け入れてくださる方々に感謝の気持ちを込めて、
僕は2015年7月19日からも、
『真空ホロウ』として、あなた方と共に同じ時代を生きていきます。
あなたの生活の中で、
ふとした時に、
ほんの少しの刺激を与える、
そんな存在でいられますように。
これからも、『真空ホロウ』を、
どうぞよろしくお願いいたします。


2015年7月1日、
真空ホロウ 松本明人



close